そもそも共有持分の不動産とは何か?

急に資金が必要になったとき、共有持分の不動産を売却することで現金を手に入れることができるなど資金調達の選択肢の一つなるといいますが、共有持分の不動産の意味をご存じでしょうか。
共有持分は複数の人が一つの物を共同で所有している状態で、不動産の場合は家や土地などでありそれぞれが持つ所有権の割合を意味するものです。
不動産の場合は、相続で発生するケースが多いのですが他にも共稼ぎ夫婦がマンションや一戸建てを共有持分で購入したときも同じ状態になります。
夫婦でマンションを買ったときには、ローンの負担率などで共有持分の割合が決まることが多く、旦那さんが多くのローンを組んでいると持分は7割で奥さんは3割といった形になります。
なお、土地を2人で半分ずつ所有しているとき、土地面積の半分を所有しているわけではありません。
この場合は、土地の権利を半分だけ所有している意味になるので土地全体を持分割合に応じて利用できるわけです。

共有持分が発生する理由と売却について


共有持分は、相続や共同購入などで発生するものですが、夫婦などの場合では離婚をきっかけで共有持分を売却するケースが多いようです。
相続などの場合は仲が悪かったり疎遠になったりで売却を検討されるケースが多いようですが、共有名義の不動産は全体を売却するときには権利を持つ全ての人からの同意が必要になり、共有持分だけの場合であれば同意は不要です。
そのため、急に資金が必要になったときなどは他の所有権を持つ人に同意を求めなくても良いので売却が可能な不動産会社を見つけて買取して貰うなどで資金調達ができるわけです。
ちなみに、共有持分を売却する人の多くが共有者間で意見がまとまらないため自分の持分でもある共有持分だけを売却して負になりえる財産を売ることを検討される、しかもその割合は全体の約9割ともいわれています。
持分だけの売却は、経験豊富な不動産会社に相談することが高価な値段での売却に繋がりますので、じっくり売却先を見つけることをおすすめします。

まとめ

共有名義の不動産を全て売却するとなったときには、所有者全員と話し合いを行って全員が同意したときに限り売ることができる、しかし一人でも反対する所有者がいるときには売却はできません。
これに対し、共有持分だけの売却であれば他の所有者に同意を求めることなく自らの判断で売却ができるのですが、これは民法の中で認められているものですから他の所有者から何かいわれる心配はないわけです。
なお、共有持分の売却を希望する約9割は、共有者間で意見がまとまらないため売却を検討しているといいます。

急に資金が必要になった場合は共有持分のみを売却する

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。