共有持分を売却したい!

「購入してから共有名義者と仲違いしてしまった」「共有名義の不動産だけど自分の持分だけ売却したい」、こんなお悩みはありませんか。
一般的に共有名義者の同意なく、不動産を売ることは出来ないものだと認識されています。
あなたは共有者の同意が得られないと、売ることは出来ないと絶望してはいませんか。
しかし、実は共有名義でも自分の持分だけを売却することは可能です。
親族間のトラブルなどで負の遺産を次世代に引き継がないためにも、共有持分を売る際に自分の持分を売る方法を知っておくことが大切です。
それではどうしたらいいのか結論から言ってしまうと、ずばり「共有持分売却の専門業者にお願いして解決してもらうこと」と言えるでしょう。
餅は餅屋とはよく言ったもので、共有持分売却なら共有持分の専門家に依頼するのが一番のおすすめです。
その専門業者について、また売却時に自分の分だけを売るにはどうしたらいいのかについてお伝えします。

どうしたら売却できるの?

先ほど共有名義の不動産売却ならその専門業者に任せるのが一番だ、とお伝えしました。
ここで「その専門業者とは何なのか?」「どこの専門業者に依頼すれば良いのか?」という、疑問がわいてくるのではないでしょうか?その疑問にお答えすると、専門業者とは共有名義の売却経験が豊富な不動産会社ということになります。
この場合に重要なのが、不動産会社ならどこでも良いわけではなく売却経験が豊富だというところです。
なぜなら経験が豊富ということは、それだけ実績があるので売却の実現率が高くなるからです。
せっかく相談しても共有持分にくわしくなければ、話が決裂したり断念しなくてはなりません。
それでは振り出しに戻ってしまい、挙げ句の果ては絶望感にさいなまれてしまうこともあるでしょう。
このようなことを極力避けるためにも、共有持分の売却の経験が豊富な不動産会社に相談して依頼することが重要と言えます。
少しでも後悔しないためにも、しっかりと納得した形で売却したいものです。

まとめ

共有名義の不動産でも、自分の持分だけを売却することは可能です。
共有名義で不動産を手に入れたときには仲が良くても、その後に仲違いしてトラブルになることは少なくありません。
自分だけで考え込まずに、経験豊富な専門家に相談してみることをおすすめします。
しっかりとした実績のある不動産会社なら、自分にとって満足の出来る結果を引き出す可能性も高くなるものです。
ぜひ諦めてしまわずに、共有名義売却の専門知識がある不動産会社に依頼してみましょう。

共有持分を売却する時に自分の持分だけを売ることは可能

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。